HOMEHOME/売りたい/ 事業用不動産の売却について

事業用不動産の売却について

事業用不動産とは、店舗、オフィス、倉庫などのことです。

マンションや一戸建てなどの居住用不動産ではなく、ビジネスのために使う不動産です。これらの売却は、居住用不動産に比べると用途が限られるため、買い手候補者の絶対数が少なくなります。

その点を考慮し、ターゲット像をより具体的に絞り込んでいくことが大切です。情報の公開方法や伝達方法が、売却達成のポイントになります。 買い手の使い方としては、以下の2種類が考えられます。

  • 自分の会社で利用する場合
  • テナントから賃料を得る目的(投資用)で利用する場合

使い方の違いによって、売却想定金額が大きく異なる場合も少なくありません。

そのため、査定の評価は多面的な角度から行うことが求められます。建物の調査ポイントも大事です。建物の修繕状況、問題点をはじめ、境界確認や越境など、近隣との権利関係などの調査も必要です。

当社には、不動産ごとの立地特性や近隣の商業店舗分布を調査し、どのような店舗が立地可能なのか、想定できる売り上げはどの程度かといったマーケット分析を行います。それらのアプローチを通じて、自社で利用する買い手候補像を追求していきます。
さらに、自社で利用する場合を想定した査定価格の算出や、投資用の場合を想定した収益還元価格の分析を行います。
事業用、投資用それぞれに対する成約想定価格から、売却価格を算出したうえで、最高価格で売却できる手法と買い手へのアプローチ方法を検証します。

もちろん先方には、自社の店舗やオフィスとしての利用を検討していただき、大手から中小の仲介会社に、物件情報をフラットでご紹介いたします。

その他、ご不明な点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問合わせ下さい。

インターネットからお問い合わせ お問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ/0120-188-068 受付時間/9:00~20:00 定休日/不定休

無料査定申込 売却をお考えの方は、気軽にご相談ください。 スタッフが親身にご相談に乗ります。 無料査定のご相談

今すぐお売りになられたい方 買取依頼申込
  • 売却物件情報
  • よくある質問
これから売却する方
査定をしよう!
売却スケジュール
マンションを売る方
一戸建てを売る方
現在売却している方
値下げすべき?
不動産を高く売れる理由
物件種別毎の売却方法
不動産査定の注意点
不動産購入の必要資金
不動産会社を変えよう
マンションが売れない方へ
販売図面集

広島不動産かいとり

不動産コラム

私たちがご案内します オールハウスのブログ
  • オールハウス公式企業ブログ
  • -----------
  • 「ヨシダゴロク」 吉田武史
  • -----------
  • スタッフ紹介はこちら
  • ご来店のご予約
  • 不動産Q&A
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 相談窓口
Life Magazine 暮らしのお役立ち情報
----------
住環境測定協会
eco健