HOMEHOME/売りたい/ 不動産売却費用のシミュレーション

不動産売却費用のシミュレーション

ケース1. 中古マンションの売却

  • 取引条件長期譲渡所得
    購入金額 3,000万円
    売却金額 2,000万円
    費用
    1.仲介手数料金額 2,000万円×3%+6万円=66万円(消費税込み71.28万円)
    2.印紙代 1万円
    3.登記費用(抵当権抹消) 3万円(司法書士報酬及び登録免許税)
    手残りシミュレーション
    2,000万ー71.28万ー1万ー3万=約1,924.72万円
    住宅ローンの残代金を差し引き 手残り 約924.72万円

※売却金額が購入金額を上回っていないため、譲渡所得税はかかりません。なお減価償却及び取得費用は考慮していません。

ケース2. 一戸建ての売却

  • 取引条件
    購入金額 4,000万円
    売却金額 2,500万円
    住宅ローンの残代金 2,000万円
    費用
    1.仲介手数料金額 2,500万円×3%+6万円=81万円(消費税込み87.48万円)
    2.印紙代 1万円
    3.登記費用(抵当権抹消) 3万円(司法書士報酬及び登録免許税)
    4.境界確定費用(買主希望により) 50万円
    手残りシミュレーション

    2,500万ー約87.48万ー1万ー3万ー50万=約2,358.52万円

    住宅ローンの残代金を差し引き 手残り 約360万円

※売却金額が購入金額を上回っていないため、譲渡所得税はかかりません。なお減価償却及び取得費用は考慮していません。境界確定費用は一戸建てや土地の売却において発生します。「予想外の費用がかかってしまった」と後悔しないためにも、不動産会社の担当者に確認しておきましょう。

ケース3. 中古マンションの売却(売却金額が購入金額より高い場合)

  • 取引条件
    購入金額 3,000万円
    売却金額 5,000万円
    住宅ローンの残代金 無し
    費用
    1.仲介手数料金額 5,000万円×3%+6万円=156万円(消費税込み168.48万円)
    2.印紙代 2万円
    手残りシミュレーション
    5,000万ー168.48万ー2万=約4,829.52万円(手残り)

※売却金額が購入金額を上回っているため、譲渡所得税の対象になります。しかし居住用不動産などでは軽減措置(控除)を利用できるため、無税になることがあります。詳しくは不動産売却の担当者もしくは税理士にお問い合わせください。なお減価償却及び取得費用は考慮していません。

このように高く売却できたらからといって、必ず譲渡所得税が発生するわけではありません。売却専門の「オールハウス」コンサルタントに是非一度ご相談ください。

お気軽にお問合わせ下さい。

インターネットからお問い合わせ お問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ/0120-188-068 受付時間/9:00~20:00 定休日/不定休

無料査定申込 売却をお考えの方は、気軽にご相談ください。 スタッフが親身にご相談に乗ります。 無料査定のご相談

今すぐお売りになられたい方 買取依頼申込
  • 売却物件情報
  • よくある質問
これから売却する方
査定をしよう!
売却スケジュール
マンションを売る方
一戸建てを売る方
現在売却している方
値下げすべき?
不動産を高く売れる理由
物件種別毎の売却方法
不動産査定の注意点
不動産購入の必要資金
不動産会社を変えよう
マンションが売れない方へ
販売図面集

広島不動産かいとり

不動産コラム

私たちがご案内します オールハウスのブログ
  • オールハウス公式企業ブログ
  • -----------
  • 「ヨシダゴロク」 吉田武史
  • -----------
  • スタッフ紹介はこちら
  • ご来店のご予約
  • 不動産Q&A
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 相談窓口
Life Magazine 暮らしのお役立ち情報
----------
住環境測定協会
eco健